事業概要

日本留学海外拠点連携推進事業

北海道大学は、2014年度(平成26年度)から文部科学省委託事業「日本留学海外拠点連携推進事業」(旧「留学コーディネーター配置事業」)を実施しています。

本学アフリカルサカオフィスは「サブサハラ拠点」として、ルサカオフィス(ザンビア)及びナイロビサテライト(ケニア)を活動拠点に、 サブサハラ・アフリカにおける専門人材育成への貢献と、日本の大学の教育・研究基盤拡大および多様化を目的としたサブサハラ・アフリカ地域における日本留学の促進と、優秀な留学生の確保に向けた日本・アフリカ間の学術交流を展開しています。

主な活動

日本留学フェアの開催

オンライン日本留学フェアの実施

学術交流ワークショップの開催

特定プログラムを紹介する情報発信ウェビナー